多汗症の改善・対策「手汗・脇汗の悩みをスッキリ解決する方法」

多汗症の改善方法記事一覧

説明・解説概要どんな改善方法か?塩化アルミニウムの20〜50%水溶液を、汗の気になる箇所(手のひら、足の裏、わきの下)に塗ります。日中は汗で流れてしまうので、夜、寝る前に塗ります。塩化アルミニウムの20〜50%水溶液を患部に塗る夜、就寝前に使用する密閉療法が効果的・・・溶液+布手袋+ゴム手袋効果は?わきの下と手のひらについては、臨床試験や疫学研究による結果報告が多数あります。また、症例数も多く、一...

説明・解説概要どんな改善方法か?水を入れた専用の機器に、弱い電流を流し、20分間ほど手(あるいは足)を浸します。保険適用で、効果も比較的高いですが、週2回の通院が必要になります。専用機器に手や足を浸すだけなので簡単日本では専用機器があまり普及していない保険が適用される週2回の通院が必要アメリカでは比較的一般的な治療法効果は?電流を流すことで、汗孔の数が少しずつ減っていく(汗孔がつぶれる)ために、汗...

説明・解説概要どんな改善方法か?ボツリヌス毒素を幹部に直接注射する治療法です。腋窩多汗症の治療法として、欧米では一般的ですが、日本では保険適用外です。多くの人に効きますが、痛みが強く、効果も半年程度です。ボツリヌス毒素を局部注射保険適用外注射の際の痛みが強い比較的よく効くが、半年程度で効果が薄れる効果は?多汗症の重症度によって、ボツリヌス毒素の注入量を調節する必要があります。しかし、注入量に関する...

説明・解説概要どんな改善方法か?胸部交感神経を遮断(切断)する手術です。手汗などがピタリと止まりますが、「代償性発汗」と呼ばれる副作用で、生活の質を大きく下げてしまうケースも多いです。胸部交感神経を遮断する手汗、脇汗がピタリと止まる代わりに、背中、胸、太ももなどに大量の汗をかく左右のどちらかだけを手術して1年ほど様子を見る1年ほど様子を見てから残りの側も手術するか判断切った神経は戻らない(※不可逆...

説明・解説概要どんな改善方法か?もともとは、各種の「痛み」を抱えている患者の、痛みを和らげるための治療法です。首にある「星状神経節」に、麻酔を注射します。多汗症の症状を緩和する効果があると言われます。もともとは、痛み緩和を目的とした治療法星状神経節に局所麻酔を注射する麻酔の代わりに赤外線を照射するレーザー療法もある効果は?ほとんどの患者に効果があると言われます。ただし、多汗症の治療法としてはまだ研...

説明・解説概要どんな改善方法か?神経から出る神経伝達物質(アセチルコリン)が、エクリン腺を刺激することで汗が出ます。抗コリン薬は、アセチルコリンの放出を妨げる働きを持つため、汗の量を減らす効果が期待できます。アセチルコリンの放出を妨げる薬商品名「プロ・バンサイン」など効果は?過去の症例から、一定の効果があることが分かっています。ただし、多汗症の治療法としては研究段階で、一般的な治療法としてはおすす...

説明・解説概要どんな改善方法か?催眠療法と訓練療法の2種類ありますが、多汗症治療として特に推奨されるのは、訓練療法の「バイオフィードバック療法」です。血圧、心拍数などを、自分でコントロールできるように訓練します。催眠療法・・・暗示をかけてリラックス状態を作り出す訓練療法・・・自律神経の働きをコントロールする訓練特に「バイオフィードバック療法」が推奨される効果は?精神的な要因が強く影響して多汗症の症...

説明・解説概要どんな改善方法か?マイクロウェーブと呼ばれる「電磁波」を照射して、汗腺から汗が出ないようにする方法です。電子レンジのように、水分に反応して熱を発生させるしくみで、汗腺組織を破壊します。マイクロウェーブ(電磁波)を照射するだけマイクロウェーブが汗腺の機能を破壊脇汗を治療できる従来の治療法のデメリットをなくした最新療法(マイクロウェーブ照射状況)詳細はこちら≫効果は?汗腺細胞の機能を止め...

説明・解説概要どんな改善方法か?わき汗を治療する手術。わきの下にメスで2〜3センチの切り込みを作り、皮膚を裏返して汗腺(※汗を出す組織)を目視でひとつずつ取り除きます。わきの下に2〜3センチの切り込みを作る切り込みは通常1〜2箇所汗腺を目視でひとつずつ除去保険がきくのでかなり割安に治療できる効果は?汗腺を物理的に取り除いてしまうため、取り除いた箇所からは汗が一切出なくなります。効果の持続期間も半永...