多汗症の改善・対策「手汗・脇汗の悩みをスッキリ解決する方法」

原発性足底多汗症(足の裏の多汗症)

説明・解説

症状・特徴
(足底多汗症)

主な症状

足の裏に異常なほどに大量の汗をかく症状です。緊張していたり、ストレスを感じているときに症状が強く出ますが、それらとは無関係に、常に汗をかいてしまう症状の重い人もいます。

  • 足の裏に大量の汗をかく
  • 緊張やストレスで症状が強く出る
  • 緊張などとは無関係に常に汗がでる人もいる
  • 幼少時期や思春期に発症することが多い
  • 睡眠中は汗をかかない(※大脳皮質の活動低下のため)

 

日常生活で困ること

足の裏に大量の汗をかくため、革靴を履かなければならないサラリーマンなどは、靴の中が非常に蒸れた状態になります。雑菌などが繁殖しやすく、周囲に分かるほどの不快な匂いを発します。

  • 靴の中が非常に蒸れた状態になる
  • 靴の中に雑菌などが繁殖して不快な匂いを発する
  • 自宅のフローリングが汗でベタベタになる
  • サンダルを履くと足裏が滑ってうまく歩けない
  • 水虫になりやすい

治療方法
(足底多汗症)

ステップ1 最初に選ぶべき治療方法

多汗症治療の最初のステップとしては、副作用などのリスクが少ない治療方法を選ぶべきです。ただし、効果が出るまでに時間がかかったり、継続的な治療が必要だったりするデメリットもあります。

 

ステップ2 他の方法で効果がなかった場合

ステップ1で十分な効果が得られなかった場合は、必要に応じてステップ2の治療方法を選んでください。ただし、副作用などのリスクもありますので、医師とよく相談して決定してください。

 

併用療法

上記の治療法と合わせて行うことで、効果が高まる可能性のある治療法です。ただし、効果を裏付ける医学的根拠が必ずしも十分ではないため、補助的な治療方法と考えてください。



多汗症関連商品の紹介ページ
【1】手汗・足汗対策

手汗・足汗対策

 

【2】顔汗対策

顔汗対策

 

【3】脇汗対策

脇汗対策

 

【4】体質改善(全身の汗、頭の汗)

体質改善

 

【5】体臭改善

体臭改善