多汗症の改善・対策「手汗・脇汗の悩みをスッキリ解決する方法」

【フレナーラ】手汗に効くと評判の制汗ジェルを試してみました!

 

「フレナーラ」は手汗に効くと評判のデオドラントジェルです。効果の秘密は「クロルヒドロキシアルミニウム」という成分が配合されているから。ジェルタイプなので、エクリン汗腺に効率的に浸透させることができるのもポイントです。

 

フレナーラの購入はこちら≫


【体験談】フレナーラは日本人が安心して使える制汗ジェルです!

 

当サイトでは手汗対策の商品として「デトランスα」を紹介しています。管理人自身も使用している商品ですし、読者の皆様にもぜひおすすめしたい商品です。

 

デトランスαの体験談はこちら≫

 

ただし、「デトランスα」は海外からの輸入品なので、「安全性に問題はないの?」と心配になる方もいらっしゃると思います。また、説明書が全て外国語で書かれていますし、一般ユーザーにとって必ずしも信頼感を持ちにくい商品であることも事実だと思います。

 

 

そこで・・・

 

 

日本製の「フレナーラ」という商品を実際に使ってみました!

 

 

日本製のデオドラント商品で、手汗に効果のあるものが何かないかと探していたところ、このページで紹介する「フレナーラ」という商品を見つけました。さっそく実際に購入して試してみましたので、使い心地や実際の効果についてまとめてみたいと思います。

 

 

注文して3日目には商品が届きました。

商品が大切に入れられていて好印象!


 

 

「フレナーラ」の購入ページはこちら≫

 

 

女性向けにデザインされた商品ですが、もちろん男性にもOKです!

 

 

「フレナーラ」という商品は、白地にピンク色のデザインですし、どちらかと言えば女性をターゲットとした商品だと思います。ただし、性別によって悪影響をおよぼすような成分は入っていないので、男性が使ってももちろん大丈夫です。

 

 

外形寸法:幅3p×奥3p×高11p

プッシュ式のボトルが入ってました!


 

 

参考までに、「フレナーラ」に配合されている成分をメモしておきます。制汗剤の有効成分としておなじみの「クロルヒドロキシアルミニウム」が配合されているのと、肌荒れをおさえて使用感をよくするために各種「天然エキス」が配合されています。

 

有効成分:

  • クロルヒドロキシアルミニウム
  • イソプロピルメチルフェノール

 

その他の成分:

  • リンゴエキス
  • シソエキス
  • ハマメリスエキス
  • マロニエエキス
  • ブドウ葉エキス
  • オトギリソウエキス
  • その他・・・(省略)

「フレナーラ」の詳細はこちら≫

 

 

手汗の悩みに男性も女性もありませんよね?販売ページや商品のイメージは女性向けに感じてしまいますが、日本製で安心感のあるデオドラントジェルなので、男性にも気にせずに使ってみて欲しいです。

 

 

内容量23ml(※1ヶ月分)

箱の側面に書かれた有効成分一覧


 

 

「フレナーラ」の購入ページはこちら≫

 

 

「フレナーラ」の使い方

 

 

「フレナーラ」はジェルタイプの商品です。説明書によると、1回につき2プッシュが基本で、朝晩2回使うようにと書かれています。

 

フレナーラの基本的な使い方

  • 1回2プッシュ
  • 朝出かける前と夜寝る前の1日2回
  • 手のひらにしっかりすり込む
  • すり込んだ後はしっかり乾かす

 

フレナーラの効果の出方

  • 使い始めは「少しは効果があるかも」という程度の印象
  • 1〜2ヶ月ほど続けることでエクリン汗腺にしっかり浸透
  • 2ヶ月目以降に効果を実感するケースが多い
  • 生活習慣の改善も合わせて行うとより効果的

 

詳しい説明書も添付されていました!

1回2プッシュ、朝晩2回が基本です!


 

 

「フレナーラ」の詳細はこちら≫

 

 

「フレナーラ」の使用感について

 

自分で実際に使ってみた印象ですが、ジェルタイプなので、つけた直後はヌルヌルベタベタした感覚があります。すでに手汗をかいている状態だと、ちょっと使いにくく感じるかもしれないのがデメリットかな?と思います。

 

1分近く手のひらをこすり合わせていると、だんだん乾燥してきて今度はサラサラした感覚になります。うまく乾かせない場合は、扇風機やドライヤーの風を当てるといいです。いったん乾いてしまえば、手のひらがしっかりコーティングされるようです。トイレで手を洗っても、有効成分が手のひらに残っている感覚があります。

 

ジェルタイプであることのメリット

  • 「浸透力」が高い・・・皮膚の表面に軽いピリピリ感、汗腺にしみ込む感覚
  • 「コーティング力」が高い・・・有効成分を包み込んでしっかり浸透させる

 

ジェルタイプであることのデメリット

  • 乾かすのに少し時間がかかる
  • すでに手汗をかいてる状態だと使いにくい

 

手に出してみました(※これで1プッシュ)

ジェルなので塗った直後はこんな感じ


 

 

説明書的には朝晩2回つけることとなっていますが、個人的には「夜寝る前に必ずつける!」ことを意識して使ってみました。夜寝てる間に有効成分をしっかり浸透させることが大切だと思ったからです。

 

日中はどうしても手を洗ったりするので、せっかくつけた成分が洗い流されたりしがちです。そのつど再度塗り込めばいいわけですが、なんとなくめんどくさく感じてしまうと思うんです。なので、「最低でも夜寝る前だけはたっぷりつける!」ということを意識しながら使ってみて欲しいなと思います。

 

「フレナーラ」の詳細はこちら≫

 

 

「フレナーラ」を使ってみた実際の効果は?!

 

 

一番重要なことは、「フレナーラは手汗を減らす効果があるのか?」ということ。そこで、自分自身で1ヶ月半ほどかけて1本使い切ってみた感想をお話ししたいと思います。

 

結論から言いますと、「フレナーラには手汗を減らす効果がある程度期待できる!」と言っていいと思います。手汗を100%かかなくなるということではないですが、手汗をかきにくくする効果はたしかに実感できます。

 

 

1分程度で乾いてきました!

手になじんで使いやすいです!


 

 

手汗で悩んでると、「なんだか手汗をかきそうだな・・・」というタイミングが分かると思います。そのようなタイミングで、フレナーラを使っていない場合はすぐに手汗が噴き出してくるわけですが、フレナーラを使っていると手汗をかき始めるまでにタイムラグがある印象があります。さらに言えば、手汗をかく量も普段より少ないような気がします。

 

科学的な手法で定量的に評価できればいいのですが、ここでは感覚的な評価しかできずに申し訳ありません。とは言え、感覚的に手汗を減らす効果が感じられるのは事実ですので、もし興味がある場合には一度試してみることをおすすめしたいです。

 

「フレナーラ」を試してみたい場合はこちら≫

 

 

「デトランスα」と「フレナーラ」はどちらを選ぶべきか?

 

 

手汗対策の商品としては、以前から「デトランスα」が有名です。私自身もリピートして使ってるお気に入りの商品です。

 

しかし、今回「フレナーラ」を使ってみて、こちらも負けず劣らず読者さんにおすすめできる商品だと思いました。そこで最後に、「デトランスα」と「フレナーラ」のどちらを選べばいいか考えてみたいと思います。

 

 

ライバル商品の「デトランスα(日本名)」

持ち運びにちょうどいい小ぶりなサイズ


 

 

まずお値段が気になるわけですが、ハッキリ言ってしまうと「デトランスα」の方が安いです。具体的な金額はここには書きませんが、とにかく費用が気になるって方には「デトランスα」をご提案します。

 

ただし、「デトランスα」は西欧人向けの制汗ローションなので、必ずしも日本人の肌に最適化されたものではありません。私自身も使いはじめの頃は「手荒れ」がかなり気になったので、一般的な日本人のデリケートな肌には刺激が強いかもしれません。そういう意味で、安全性を特に重視する方には「フレナーラ」をおすすめしたいと思います。

 

手汗に対する効果は、私自身が使ってみた結果、どちらの商品も一定の効果は期待して大丈夫です。それぞれの販売ページをじっくり比較していただいて、ご自身の判断でどちらか選んでいただければと思います。

 

 

【商品名】
frenar(フレナーラ)

 

【成分】 

  1. クロルヒドロキシアルミニウム・・・発汗作用の低減効果
  2. イソプロピルメチルフェノール・・・毛穴の収れん効果(引き締め効果)

 

【内容量】
23ml
※約1〜2ヶ月分

 

【使用方法】

  1. 1回2プッシュ程度をしっかり塗り込む
  2. 朝・晩の1日2回が基本

※販売ページでは「手汗」が強調されていますが足の裏にもご提案します

 

【価格】
価格は公式サイトでご確認ください。
※90日間返金保証

 

公式サイト≫