多汗症の改善・対策「手汗・脇汗の悩みをスッキリ解決する方法」

【多汗症Q&A】ウォーキングで汗をかけば汗かきは改善する?

私はすごい汗かきで悩んでいます。特に夏場は汗がすごくて、わきの下に汗ジミができたりして困っています。汗かきを改善するにはいい汗をかくのがいいと聞くことがありますが、例えばウォーキングで汗をかけば汗かきは改善するという意味でしょうか?

最近の夏は30℃を軽く超えてきますし、
汗かきの人にとっても、汗かきじゃない人にとっても
汗が気になってしまいますよね・・・

 

ワキの下に汗じみを作ってる人もよく見かけますし、
髪の毛がビショビショになってる人もよく見かけます。

 

ほんとに困ってしまいますね。

 

 

 

 

一方で・・・

 

 

上手に汗をかけない人も多い!

 

 

逆に、これだけ暑いのにもかかわらず、
上手に汗をかけない人も多いみたいです。

 

例えば、高齢者が夏場に熱中症で倒れたという
ニュースをよく耳にしますが、これは
上手に汗をかけないことが原因のひとつです。

 

 

そもそも汗というのは、
体温が上昇したときに体表面に分泌されて、
気化熱で体温を下げる役割があります。

 

そのため、汗を上手にかけなくなると、
体温をうまく調節することができなくなります。

 

その結果、体調を崩してしまったりするわけです。

 

 

先ほどの高齢者の熱中症のケースだと、
体温が危険ゾーンまで上がっているにもかかわらず
脳が体温のセンサーを感知できていません。

 

そのため、喉が渇かず脱水症状になったり、
十分に汗をかけずに体温調整ができなかったりします。

 

そしてそのまま熱中症になって、
救急車で運ばれるような事態になってしまうわけです。

 

 

ウォーキングで汗をかくと汗かきが改善するか?

 

 

お年寄りだけではなく、クーラーがガンガンに効いた
室内でお仕事をしているOLの方なども
上手に汗をかけないケースがあるようです。

 

つまり、本来なら汗をかいて体温調整すべき場面で、
クーラーが皮膚表面を冷やしてくれるため、
汗をかく能力・機能がうまく働かなくなってしまっているわけです。

 

 

そこで、「ウォーキングで汗をかくと汗かきが改善するか?」との
ご質問に戻るわけなんですが、

 

日常的にウォーキングやジョギングなどの適度な運動をしていると、
汗をかく能力・機能がしだいに鍛えられていきます。

 

 

すると、「汗をかくべきとき」にしっかりかくことができるようになります。

 

結果として、「汗をかかなくていいとき」には汗をかきにくくなるという、
副次的な効果はあるかもしれません。

 

 

説明がゴチャゴチャしてしまってすいません。
まとめると次のようなイメージです。

 

・ウォーキングなどの適度な運動をする

・汗をかく能力・機能を鍛えることができる

・適切に汗をかけるようになる

・汗かきが改善する可能性はある

 

ウォーキングをしたからといって汗かきが必ず治るとは言い切れませんが、
運動は健康にいいので、試してみる価値はあるかもしれないです。

 

多汗症対策で人気の商品
アセッパー あせしらず リサラ(旧ラプカルム)

「アセッパー」は多汗症で悩んでる方の体質改善を目指すサプリメントです。異常なほど大量に汗をかいてしま…

続きを読む≫

「あせしらず」は汗かき体質で悩んでいる女性のために開発されたサプリメント。大量の顔汗によるお化粧崩れ…

続きを読む≫

「リサラ(旧名ラプカルム)」は、気になるワキ汗の量を減らしてくれる制汗ジェルです。制汗効果の高い有効…

続きを読む≫