多汗症の改善・対策「手汗・脇汗の悩みをスッキリ解決する方法」

【汗と関係の深い病気】更年期障害

説明・解説

症状・特徴

女性の更年期障害は、月経が終わる閉経前後(45〜55歳程度)に起こります。更年期障害の症状は、本人が苦しい思いをしているにもかかわらず、医師が診察しても異常が見られないケースが多いです。

  • 生殖器の障害・・・卵巣などの萎縮、外陰のかゆみなど
  • 泌尿器系障害・・・頻尿、残尿、排尿痛、尿失禁など
  • 血管運動神経障害・・・のぼせ、ほてり、動悸など
  • 運動器系障害・・・肩こり、腰痛、背部痛、関節痛など
  • 感覚系障害・・・しびれ、むずむず感など
  • 皮膚分泌系障害・・・発汗、口内乾燥
  • 消化器系障害・・・食欲不振、吐き気、下痢、便秘など
  • 精神神経障害・・・めまい、頭痛、不眠、イライラなど
  • その他の障害・・・疲労感、肥満など

原因

女性の更年期障害は、卵巣の機能が低下して、女性ホルモンの分泌量が減少することでおこります。さらには、家庭環境や老後の不安など、この世代特有の精神的なストレスも影響します。

  • 女性ホルモンの分泌量の減少・消失
  • 社会的要因によるストレス・・・夫の定年、親の介護など
  • 心理的要因によるストレス・・・老後の不安など

治療法

更年期障害の症状が強く出るのは、女性ホルモンの減少が急激に起こるためです。そこで、女性ホルモンを補充して、女性ホルモンの減少速度をコントロールすることが有効になります。

  • ホルモン補充療法・・・ホルモンバランスの調整
  • 薬物療法・・・漢方薬、自律神経調整薬など
  • 心理療法・・・カウンセリングなど

受診する科

内科、婦人科