多汗症の改善・対策「手汗・脇汗の悩みをスッキリ解決する方法」

汗と関係の深い病気記事一覧

【汗と関係の深い病気1】糖尿病

説明・解説症状・特徴糖尿病になると、合併症を引き起こしやすくなります。病原菌に対する抵抗力が落ちて感染症にかかりやすくなったり、神経障害や血管障害を起こすなど、命にかかわる合併症を引き起こします。初期症状病状が進むまで目立った症状はない異常な食欲がある異常にのどが渇くからだがだるくなる、疲れやすくな...

≫続きを読む

【汗と関係の深い病気2】膠原病(こうげんびょう)

説明・解説症状・特徴血管、皮膚、関節、筋肉などの結合組織(体内の何かと何かをつなぐ組織)に炎症を起こし、全身に様々な悪影響を及ぼす病気です。20〜50歳くらいの女性に多く見られます。関節リウマチ・・・関節が痛む、腫れる全身硬化症・・・皮膚や内臓が硬くなる多発性筋炎・・・腰、肩、首などの筋肉に炎症皮膚...

≫続きを読む

【汗と関係の深い病気3】リウマチ

説明・解説症状・特徴関節が痛んだり腫れたりする病気です。ひどくなると、関節が変形したり、動かなくなったりします。膠原病(こうげんびょう)の一種で、30〜50歳くらいの女性に多く見られます。関節の症状手足の指の関節のこわばり・・・初期症状関節の痛み、腫れ・・・手首、ヒジ、ヒザ、足首など関節の変形、硬直...

≫続きを読む

【汗と関係の深い病気4】甲状腺疾患(バセドウ病)

説明・解説症状・特徴甲状腺ホルモンが増加して、新陳代謝が活発になりすぎる症状です。静かに安静にしていても動機が起こることがあります。また、軽い運動でも激しい息切れが起こることがあります。甲状腺の腫れ動悸・息切れ目が出てくる手の震え汗をかきやすくなる体重減少下痢倦怠感原因何らかの異常により、「甲状腺刺...

≫続きを読む

【汗と関係の深い病気5】自律神経失調症

説明・解説症状・特徴さまざまな不調を訴えるものの、診察・検査によって原因を特定できないものを「自律神経失調症」と呼んでいます。一般的な傾向として、午前中に症状が強く出ることが多いです。全身症状・・・疲れ、だるさ、冷えなど脳神経系の症状・・・めまい、頭痛、しびれなど循環器系の症状・・・不整脈、動悸など...

≫続きを読む

【汗と関係の深い病気6】更年期障害

説明・解説症状・特徴女性の更年期障害は、月経が終わる閉経前後(45〜55歳程度)に起こります。更年期障害の症状は、本人が苦しい思いをしているにもかかわらず、医師が診察しても異常が見られないケースが多いです。生殖器の障害・・・卵巣などの萎縮、外陰のかゆみなど泌尿器系障害・・・頻尿、残尿、排尿痛、尿失禁...

≫続きを読む