多汗症の改善・対策「手汗・脇汗の悩みをスッキリ解決する方法」

【汗をかく理由】味覚性発汗

説明・コメント

発汗を促す刺激

激辛カレーや、激辛キムチなどの「辛いもの」を食べたときにかく汗を「味覚性発汗」と呼びます。カプサイシンなどの辛味成分が、体温を上昇させて起こる現象で、ダイエットに効くとも言われます。

  • 辛いものを食べたとき
  • 酸味の強いものを食べたとき

発汗する部位

体温の上昇をともなう汗なので、基本的には全身に汗をかきます。ただし、味覚性発汗の場合は、特に額(おでこ)に大量に汗をかくことが多いようです。手のひらなどには、ほとんど汗をかきません。

  • 全身
  • 特に額(おでこ)の汗が多い

特徴

辛いものや酸味の強いものを食べたり飲んだりしたときに出るのが特徴です。カプサイシンなどが配合されたダイエット食材などがありますが、口腔粘膜や食道粘膜を傷めない程度に利用しましょう。

  • 辛いものを食べて吹き出す汗
  • 最初に顔が火照(ほて)ってくる
  • おでこや頭頂部から汗が吹き出す

【汗をかく理由3】味覚性発汗関連ページ

温熱性発汗
精神性発汗