多汗症の改善・対策「手汗・脇汗の悩みをスッキリ解決する方法」

【汗をかく理由】精神性発汗

説明・コメント

発汗を促す刺激

体温調節のためではなく、緊張や不安などの精神的な刺激によってかく汗を「精神性発汗」といいます。自律神経の一種の交感神経が活発になることで、汗が出てきます。

  • 緊張
  • 不安
  • ストレス
  • 精神的刺激
  • 心理的刺激
  • 情緒的刺激

発汗する部位

「手に汗握る」という言葉がありますが、手のひらなどの特定の部位にのみ汗をかくのが特徴です。人類が猿人だったころ、「とっさのとき」に、ベタついた汗をかいて滑り止めにしていたなごりです。

  • 手のひら
  • 足の裏
  • 脇の下
  • 額(おでこ)

特徴

体温の調整とは関係なく出るのが最大の特徴です。精神的・心理的な刺激によって出る汗で、アポクリン汗と呼ばれるベタついた汗をかきます。また、ワキガなどのニオイの元となります。

  • 気温・体温とは関係なく出る
  • 手のひらなどの特定の部位に集中して出る
  • いわゆる「アポクリン汗」と呼ばれる汗
  • 不純物を多く含むためニオイの元となる
  • ややベタつきがある
  • 思春期に多い(※成長期の自律神経系の不均衡のため)

 

【参照】多汗症の精神療法・心理療法について

【汗をかく理由2】精神性発汗関連ページ

温熱性発汗
味覚性発汗