多汗症の改善・対策「手汗・脇汗の悩みをスッキリ解決する方法」

【多汗症の改善法】塩化アルミニウム外用

説明・解説

概要

どんな改善方法か?

塩化アルミニウムの20〜50%水溶液を、汗の気になる箇所(手のひら、足の裏、わきの下)に塗ります。日中は汗で流れてしまうので、夜、寝る前に塗ります。

  • 塩化アルミニウムの20〜50%水溶液を患部に塗る
  • 夜、就寝前に使用する
  • 密閉療法が効果的・・・溶液+布手袋+ゴム手袋

 

効果は?

わきの下と手のひらについては、臨床試験や疫学研究による結果報告が多数あります。また、症例数も多く、一定の効果があることが確認されています。症状が比較的軽い人向けです。

 

副作用・リスクは?

塩化アルミニウム溶液を長期間使用すると、皮膚がボロボロになる「刺激性皮膚炎」になることが多いです。治療は可能ですが、手の皮膚に使用する場合は、見た目が気になるかもしれません。

  • かぶれ
  • かゆみ
  • 灼熱感

期間

数ヶ月〜数年
※継続的に使用する必要がある。

費用

数万円〜
※病院の診察費用、薬剤費用、交通費など
※溶液100ml(約3ヶ月分)で1万円程度

アドバイス

▼塩化アルミニウム外用は、手掌多汗症には効果が低いといわれていました。しかし、布手袋をはめて溶液を染み込ませて、その上からゴム手袋をはめて就寝する「密閉療法(ODT:occlusive dressing technique)」が開発されたことで、治療効果が見直されるようになってきました。
▼塩化アルミニウムの20〜50%水溶液は、医師の処方箋が必要です。病院(皮膚科)に行って、医師の診察を受けてください。

 

 

【関連商品】

 

手汗・足汗には「塩化アルミニウム外用」が有効です。ただし、塩化アルミニウム概要の治療を行っている医療機関が少ないですし、塩化アルミニウム液は肌荒れがひどくなる場合があって誰にでもおすすめできるわけではありません。

 

そこで塩化アルミニウム外用の代わりとして、「クロルヒドロキシアルミニウム」を配合したジェルタイプの制汗剤を使ってみることをおすすめしたいと思います。使い方は簡単で、夜寝る前にたっぷりつけて寝るだけ。必要に応じて、朝出かける前にも使うといいと思います。

 

こちらの商品は手汗・足汗の両方に使えるので、一本持っておくと便利です。

 

【商品名】
frenar(フレナーラ)

 

【成分】 

  1. クロルヒドロキシアルミニウム・・・発汗作用の低減効果
  2. イソプロピルメチルフェノール・・・毛穴の収れん効果(引き締め効果)

 

【内容量】
23ml
※約1〜2ヶ月分

 

【使用方法】

  1. 1回2プッシュ程度をしっかり塗り込む
  2. 朝・晩の1日2回が基本

※販売ページでは「手汗」が強調されていますが足の裏にもご提案します

 

【価格】
価格は公式サイトでご確認ください。
※90日間返金保証

 

公式サイト≫


※「フレナーラ」を実際に使った体験談はこちら