多汗症の改善・対策「手汗・脇汗の悩みをスッキリ解決する方法」

多汗症を改善する方法を教えます!

 

「手に汗握る」というように、手のひらに汗をかくことは珍しい現象ではありません。

 

 

しかし・・・

 

 

手のひらの汗が、異常なほど大量に出て、滴り落ちるほどになると、日常生活にも支障が出ますし、極めて深刻な症状です。

 

 

↑↑↑

 

このような、日常生活に支障をきたすほどの手汗のことを、「手掌多汗症」と呼びます。

 

 

多汗症は本当に深刻な悩みです・・・

 

手掌多汗症以外にもいろいろな多汗症があり、
悩んでいる人が大勢います。

 

 

いろいろなタイプの「多汗症」がある!
  • 手のひらに異常な量の汗をかく・・・手掌多汗症
  • 足の裏に異常な量の汗をかく・・・足底多汗症
  • わきの下に異常な量の汗をかく・・・腋窩多汗症
  • 顔面に異常な量の汗をかく・・・顔面多汗症
  • 頭部に異常な量の汗をかく・・・頭部多汗症
  • 全身に異常な量の汗をかく・・・全身多汗症

 

 

多汗症というのは、暑さ寒さに関係なく、
尋常でないほど大量の汗をかいてしまう症状です。

 

生活の質(QOL)がいちじるしく損なわれるため、
大きなコンプレックスになってしまいます。

 

 

多汗症をスッキリ解決する方法を教えます!

 

 

 

多汗症は原因を特定することが難しく、従来は治療は困難であると言われていました。

ですが最近では、適切に対処することで、症状がほとんど気にならなくなるほどに改善することが可能になってきたんです。

あなたにピッタリの対処法が必ずあるので、決してあきらめないでくださいね。



 

以下に、多汗症を克服するための情報をまとめてみました。
ぜひ参考にしていただいて、あなたも多汗症を克服してくださいね!

 

 

多汗症の診断基準

説明・解説

診断基準

あなたの汗が「多汗症」の症状かどうか判断するチェックポイントをご紹介します。あなたの多汗症の重症度も判定しましょう。

 

 

多汗症の症状・原因

説明・解説

手掌多汗症
(手のひら)

「手掌多汗症」は手のひらから大量の汗をかく症状です。手掌多汗症の症状と、効果が期待できる改善・対策方法を説明します。

足底多汗症
(足の裏)

「足底多汗症」は足の裏から大量の汗をかく症状です。足底多汗症の症状と、効果が期待できる改善・対策方法を説明します。

腋窩多汗症
(わきの下)

「腋窩多汗症」はわきの下から大量の汗をかく症状です。腋窩多汗症の症状と、効果が期待できる改善・対策方法を説明します。

顔面多汗症
(顔)

「顔面多汗症」は顔から大量の汗をかく症状です。顔面多汗症の症状と、効果が期待できる改善・対策方法を説明します。

頭部多汗症
(頭)

「頭部多汗症」は頭から大量の汗をかく症状です。頭部多汗症の症状と、効果が期待できる改善・対策方法を説明します。

 

多汗症の改善方法

説明・解説

塩化アルミニウム
外用

塩化アルミニウムの20〜50%水溶液を気になる箇所に塗ります。多汗症治療の最も標準的な方法なのでオススメです。

イオン
トフォレーシス

水を入れた専用の機器に手や足を浸し、30分ほど弱い電流を流す治療法です。効果も高いので試してみる価値があります。

ボトックス注射

ボツリヌス毒素を気になる箇所に注射します。塩化アルミニウム外用などが効かなかったときの選択肢として症例数も多いです。

ETS

胸部交感神経を切断する手術です。効果は100%ですが、副作用の代償性発汗がひどい場合があるので注意が必要です。

神経ブロック

星状神経節に局部麻酔を注射したり、赤外線を照射したりします。ETSのように神経を切断しないので、副作用が出ても一時的です。

抗コリン薬内服

神経伝達物質(アセチルコリン)の排出をおさえる抗コリン薬を服用します。他の治療法が効かない場合の補助的な治療法です。

精神療法
心理療法

心拍数、血圧、呼吸などの自律神経による作用を、コントロールできるように訓練する「バイオフィードバック療法」が推奨されます。

マイクロウェーブ
療法

マイクロウェーブ(電磁波)を照射して、汗腺の細胞を破壊する方法です。身体への負担が少ないことと、即効性がメリットです。

反転剪除法

わき汗を改善する手術です。わきの下の汗腺を目視でひとつずつ除去して、汗をかかなくすることができます。